UwscWebDriver

ダウンロード方法

GitHub – stuncloud/UwscWebDriver: UWSCでWebDriverを使ってブラウザを操作するためのモジュール

Code→Download ZIPからダウンロード

CALL UwscWebDriver.uws WebDriverDownload.Chrome(83) // Chromeのバージョンを指定 WebDriverDownload.ChromiumEdge(86) // Chromium Edge(新Edge)のバージョンを指定 WebDriverDownload.EdgeLegacy() // 旧Edge WebDriverDownload.Firefox(64) // Firefoxのバージョンを指定

ダウンロードされるファイル

上記プログラムを実行したときにダウンロードされるファイルです。引数に指定したバージョンによってzipファイルは値が変わるかもしれないです。ダウンロードされるフォルダは実行した場所です。

WebDriverDownload.Chrome(83)
  • chromedriver.exe
  • chromedriver_win32.zip
WebDriverDownload.ChromiumEdge(86)
  • msedgedriver.exe
  • msedgedriver.zip
WebDriverDownload.Firefox(64)
  • geckodriver.exe
  • geckodriver-v0.27.0-win64.zip

バージョンの確認方法

Google Chrome

ブラウザを起動→メニュー→ヘルプ→Google Chromeについて

Chromium

ブラウザを起動→メニュー→Chromiumについて

旧Edge

ブラウザを起動→メニュー→設定→全般の一番下の「このアプリについて」

Firefox

ブラウザを起動→メニュー→ヘルプ→Firefoxについて

UWSCWebDriverをどのフォルダにおいても呼び出せるようにする

module WebDriver const MODULE_VERSION = "0.4.1" dim debug = FALSE dim showcmd = TRUE const Chrome = "chromedriver.exe" const Firefox = "geckodriver.exe" const Edge = "msedgedriver.exe" const ChromiumEdge = "msedgedriver.exe" const EdgeLegacy = "MicrosoftWebDriver.exe"

プログラムを以下のように書き換える。

module WebDriver const MODULE_VERSION = "0.4.1" dim debug = FALSE dim showcmd = TRUE dim folderspec = "UwscWebDriverのフォルダを指定" const Chrome = folderspec + "chromedriver.exe" const Firefox = folderspec + "geckodriver.exe" const Edge = folderspec + "msedgedriver.exe" const ChromiumEdge = folderspec + "msedgedriver.exe" const EdgeLegacy = folderspec + "MicrosoftWebDriver.exe"

UwscWebDriver.uwsを呼び出すときは絶対パスで呼び出す。

CALL UwscWebDriver.uws
CALL "D:\Programs\UwscWebDriver-master\UwscWebDriver.uws"

この記事は役に立ちましたか?
役に立った 役に立たなかった