isOdd

引数に指定した数値が偶数か奇数かを調べます。奇数ならTrue、偶数ならFalse、それ以外はERR_VALUE(-999999)を返します。

構文
  1. Boolean = isOdd( 数値 )
引数
数値
整数
戻値
True
奇数
False
偶数

プログラム

//////////////////////////////////////////////////
// 【引数】
//   数値 : 整数 
// 【戻値】
//   True : 奇数、False : 偶数 
//////////////////////////////////////////////////
FUNCTION isOdd(n)
	IFB n <> VARTYPE(n, VAR_INTEGER) THEN
		RESULT = ERR_VALUE
		EXIT
	ENDIF
	RESULT = IIF(n MOD 2 <> 0, TRUE, FALSE)
FEND

//////////////////////////////////////////////////
// 【引数】
//   expr : 評価する式 
//   truepart : 評価した式がTrueのときに返す値 
//   falsepart : 評価した式がFalseのときに返す値 
// 【戻値】
//   truepart : 評価した式がTrueのとき、falsepart : 評価した式がFalseのとき 
//////////////////////////////////////////////////
FUNCTION IIF(expr, truepart, falsepart)
	IFB EVAL(expr) THEN
		RESULT = truepart
	ELSE
		RESULT = falsepart
	ENDIF
FEND

解説

  1. 2-5行目
    	IFB n <> VARTYPE(n, VAR_INTEGER) THEN
    		RESULT = ERR_VALUE
    		EXIT
    	ENDIF
    
    変数nが整数でなければ、エラー値を返して終了。
  2. 6行目
    	RESULT = IIF(n MOD 2 <> 0, TRUE, FALSE)
    
    変数nを2で割った余りが0でなければTRUE、そうでなければFALSEを返す。