getSerialTime

UWSC時間からシリアル値を取得します。

構文
  1. Double = getSerialTime( uwscTime )
引数
uwscTime
GETTIME関数で取得した時間
戻値
シリアル値

プログラム

//////////////////////////////////////////////////
// 【引数】
//   uwscTime : GETTIME関数で取得した時間 
// 【戻値】
//   シリアル値 
//////////////////////////////////////////////////
FUNCTION getSerialTime(uwscTime)
	RESULT = (uwscTime - GETTIME(0, "1899/12/30 00:00:00")) / 86400
FEND

解説

  1. 2行目
    	RESULT = (uwscTime - GETTIME(0, "1899/12/30 00:00:00")) / 86400
    
    「1899/12/30 00:00:00」から変数uwscTimeまでの日数

1900年うるう年問題

Excelでは1900年のうるう年問題があり、シリアル値60以下の数値にてExcelとUWSCでは結果が異なりますのでご注意ください。

シリアル値 Excel日付 UWSC日付
1 1900/01/01 1899/12/31
2 1900/01/02 1900/01/01
3 1900/01/03 1900/01/02
58 1900/02/27 1900/02/26
59 1900/02/28 1900/02/27
60 1900/02/29 1900/02/28
61 1900/03/01 1900/03/01
62 1900/03/02 1900/03/02
63 1900/03/03 1900/03/03