getDay

getDay関数は、指定された日付から「日」を返す関数です。

構文
getDay( date )
引数
date
日付(”YYYYMMDD” or “YYYY/MM/DD” or “YYYY-MM-DD” or “YYYYMMDDHHNNSS” or “YYYY/MM/DD HH:NN:SS”)
戻値
指定した日付の「日」

プログラム

////////////////////////////////////////////////// // 【引数】 // date : 日付(”YYYYMMDD” or “YYYY/MM/DD” or “YYYY-MM-DD” or “YYYYMMDDHHNNSS” or “YYYY/MM/DD HH:NN:SS”) // 【戻値】 // 指定した日付の「日」 ////////////////////////////////////////////////// FUNCTION getDay(date) GETTIME(0, date) RESULT = G_TIME_DD2 FEND

解説

  1. 2行目
    GETTIME(0, date)
    変数dateに指定した日時を特殊変数に代入。
  2. 3行目
    RESULT = G_TIME_DD2
    「日」を戻値として返す。