PUBLIC

構文
PUBLIC 変数名
引数
戻値

グローバル変数

グローバル変数はすべてのスコープでからアクセスできる変数のことで、PUBLICで宣言します。

ローカル変数を宣言するにはDIMを使います。

宣言時に値を代入していれば、宣言以前に利用することも可能です。

PRINT value

PUBLIC value = 100

PRINT value
結果
100
100

宣言時に代入しなかった場合値は出力されません。1つ目の「PRINT value」は値が入っていない状態です。

PRINT value

PUBLIC value
value = 100

PRINT value
結果

100

DIMはローカル変数のため、宣言した関数内(メインルーチンはメインルーチン内)でしか使用できません。

  • main.uws
  • called.uws
CALL called.uws

PUBLIC pi = 3.14

test()
PROCEDURE test()
	PRINT pi
NEXT
結果

PUBLICはグローバル変数のため、宣言した関数外のすべての場所で使用することができます。

  • main.uws
  • called.uws
CALL called.uws

PUBLIC pi = 3.14

test()
PROCEDURE test()
	PRINT pi
NEXT
結果
3.14