OPTION指定

構文
OPTION 項目
EXPLICIT
変数宣言の強制(すべての変数でDIM、もしくはPUBLIC宣言が必要)
SAMESTR
文字比較、置換、サーチにて大文字、小文字を区別する
OPTPUBLIC
PUBLIC変数の重複定義を禁止する
OPTFINALLY
TRY-FINALLY間で強制終了が発生した時にも必ずFINALLY部を実行する
SPECIALCHAR
実行時に特殊文字(<#CR>, <#DBL>, <#TAB>)の変換をしない
SHORTCIRCUIT
論理演算(IF, IFB, WHILE, REPEAT)にて短絡評価をする(但しカッコ内は無効)
NOSTOPHOTKEY
停止ホットキーは無効にする
TOPSTOPFORM
STOPボタンウィンドウを最前面固定する
FIXBALLOON
吹き出しを仮想デスクトップの全画面に出す
DEFAULTFONT = フォント名
フォント, サイズを変更する(BALLOON, MSGBOX等)
POSITION = X, Y
位置を変更する
LOGPATH = ログパス名
ログファイルのパス、ファイル名を変更する
LOGLINES = ログ行数
ログ最大行数を変更する
LOGFILE = ログ出力モード
ログファイルの出力 = 1:出力しない、2:日付を付けない、3:秒もつける、4:以前のログは削除
DLGTITLE = タイトル
INPUT, MSGBOX, SLCTBOXでのタイトルを変更する
引数
戻値

スクリプトの先頭で宣言、各種設定の変更(,カンマにて項目の複数指定可)