DIM

構文
DIM 変数名
DIM 変数名 = 値
引数
戻値

変数

変数とは、数値や文字を格納しておくための箱のことです。

変数はデータを一定期間記憶し、必要なときに呼び出したり書き換えたりすることができます。

ローカル変数

UWSCでローカル変数を宣言するときには「DIM」を使います。変数の宣言時に型の指定はなく、大文字小文字の区別もありません。

DIM arr = 10 PRINT ARR

大文字・小文字の区別がないので、上記のように書いても「10」と出力されます。

グローバル変数を宣言するにはPUBLICを使います。

配列

配列は宣言が必須です。

ローカル変数は省略可能ですが、Option指定で宣言を強制することができます。

一次元目の要素数は省略することができますが、二次元目以降は必須です。一次元目を省略した場合、上限を超えない必要な分だけ用意されます。

一次元配列

空の配列を宣言するには以下のように要素数を-1にします。

DIM arr[-1]

また、配列の上限値+1がその配列が使える要素数となります。

DIM arr[上限値]

\(\rm{arr}[4]\)の場合、0~4までの5個となります。

多次元配列

多次元配列とは、二次元配列以上の配列のことを言います。

\[\rm{array}[a_{1}][a_{2}]・・・[a_{n}]\] \[要素数=(a_{1}+1)\times(a_{2}+1)\times・・・\times(a_{n}+1)\]

以下の例は、二次元配列の値の代入・出力の方法を示したものです。

DIM arr[][3] = 0, 1, 2, 3, + _ 4, 5, 6, 7, + _ 8, 9, 10, 11, + _ 12, 13 FOR n1 = 0 TO RESIZE(arr) FOR n2 = 0 TO RESIZE(arr[0]) PRINT n1 + ", " + n2 + "<#TAB>" + arr[n1][n2] NEXT NEXT

この記事は役に立ちましたか?
役に立った 役に立たなかった