SELECT-SELEND

SELECT文はIF文と同様条件分岐するときに使います。IF文は式が成り立つかそれ以外の2択ですが、SELECT文は場合分けを簡潔に書くことができます。

構文
SELECT 式
CASE 式
処理
[CASE 式, 式]
処理
[DEFAULT]
処理
SELEND
引数
戻値

自作関数

isDate
引数に指定した値が日付として認識できる場合はTrueを返します。認識できない場合はFalseを返します。
timeValue
指定した時間のシリアル値を求める。
getEndOfMonth
dateで指定された月の月末日を取得します。
dateAdd
日時に、指定した単位の時間を加算して返します。
dateDiff
指定された2つの日付の時間間隔を返します。
dateString
指定された日付を西暦から和暦に変換します。