PRINT

ログを出力します。

構文
PRINT 表示文
引数
戻値

OPTION指定

OPTION指定でログの出力先・行数・出力モードを指定することができます。

OPTION LOGPATH = ログパス名
OPTION LOGLINES = ログ行数
OPTION LOGFILE = ログ出力モード

LOGPATH(ログパス名)

ログの出力先のパスを文字列で指定します。

デフォルトの出力先は、「C:\Users\username\AppData\Roaming\UWSC\UWSC.LOG」という隠しフォルダ内です。

以下は、UWSC.LOGがあるフォルダのパスをクリップボードにコピーするプログラムです。

CONST TemporaryFolder = 2
DIM FSO = CREATEOLEOBJ("Scripting.FileSystemObject")

WITH FSO
	SENDSTR(0, .BuildPath(.GetSpecialFolder(TemporaryFolder), "UWSC.LOG"))
ENDWITH

LOGLINES(ログ行数)

残すログの最大行数を指定します。指定した行数より古いものは削除されます。

LOGFILE(ログ出力モード)

ログの出力形式を指定します。デフォルトの出力形式は「yy/mm/dd hh:nn  表示文」です。

OPTION LOGFILE = 1		// ログファイルを出力しない
OPTION LOGFILE = 2		// 出力形式「表示文」
OPTION LOGFILE = 3		// 出力形式「yy/mm/dd hh:nn:ss  表示文」
OPTION LOGFILE = 4		// 以前のログは削除