IFB-ENDIF

構文
IF 式 [THEN]
[ELSEIF 式 [THEN]]
[ELSE]
ENDIF
引数
戻値

自作関数

isDate
引数に指定した値が日付として認識できる場合はTrueを返します。認識できない場合はFalseを返します。
timeValue
指定した時間のシリアル値を求める。
getEndOfMonth
dateで指定された月の月末日を取得します。
dateAdd
日時に、指定した単位の時間を加算して返します。
dateDiff
指定された2つの日付の時間間隔を返します。
dateString
指定された日付を西暦から和暦に変換します。

IF文の使い方

DIM num = 550

//////////////////////////////
// 1.
//////////////////////////////
IFB num >= 1000 THEN
	PRINT “num は1000以上の値です”
ELSEIF num >= 500 THEN
	PRINT “num は500以上1000未満の値です”
ELSEIF num >= 100 THEN
	PRINT “num は100以上500未満の値です”
ELSE
	PRINT “num は100未満の値です”
ENDIF

//////////////////////////////
// 2.
//////////////////////////////
IFB num >= 1000
	PRINT “num は1000以上の値です”
ELSEIF num >= 500
	PRINT “num は500以上1000未満の値です”
ELSEIF num >= 100
	PRINT “num は100以上500未満の値です”
ELSE
	PRINT “num は100未満の値です”
ENDIF
結果
num は500以上1000未満の値です
num は500以上1000未満の値です

比較する変数が1つの場合、IF文よりSELECT文で書いたほうがシンプルに記述できます。CASEは上から順に成り立たなかった箇所はスキップされるので、ELSEIFと同じような動作をします。

SELECT TRUE
	CASE num >= 1000
		PRINT “num は1000以上の値です”
	CASE num >= 500
		PRINT “num は500以上1000未満の値です”
	CASE num >= 100
		PRINT “num は100以上500未満の値です”
	DEFAULT
		PRINT “num は100未満の値です”
SELEND
結果
num は500以上1000未満の値です