制御文

IF
IF文は条件によって処理を分岐させたいときに利用します。条件が成り立たないときの処理(偽)は省略することができます。処理が2文以上のときはIFB-ENDIFを使います。
IFB-ENDIF
IFB-ENDIF文は条件によって処理を分岐させたいときに利用します。ELSEIF文で条件、処理を複数書くことができます。処理が1文のときはIF文でも書くことができます。
FOR-TO-NEXT
条件が真の間、処理を繰り返し実行します。途中でループを抜けたいときはBREAK文を使います。
FOR-IN-NEXT
配列の要素分だけ処理を繰り返します。FOR文でも書き換えられます。
WHILE-WEND
ループ処理を行います。ループの始めに条件判定を行いループ内で条件を変えないと無限ループになります。条件が合わなければ処理は1度も実行されません。最低1度は処理を実行したい場合はREPEAT-UNTIL文を使います。前判定。
REPEAT-UNTIL
ループ処理を行います。ループの終わりに条件判定を行うので、最低1度は処理が実行されます。後判定。
SELECT-SELEND
値を複数条件で比較し条件が一致したところの処理を実行する。
CALL
外部のスクリプト(UWSCファイル)を読み込む。引数をつけた場合はPARAM_STR[]変数に入ります。
BREAK
BREAK文はFOR文、WHILE文、REPEAT文のループ内から抜け出したいときに使います。
CONTINUE
FOR文、WHILE文、REPEAT文でループの先頭に戻ります。
EXIT
関数を抜けます。
EXITEXIT
処理を完全に終了します。
PRINT
UWSC.LOGにログを出力します。

この記事は役に立ちましたか?
役に立った 役に立たなかった