WRITEINI

INIファイルに値を書き込みます。

構文
WRITEINI( セクション, キー, 値, [INIファイル名] )
引数
セクション
セクション名
キー
キー名
書き込む値
INIファイル名
デフォルト(省略時)では、カレントディレクトリに スクリプト名.INI
戻値