TRIM

構文
TRIM( 文字列, [全角空白] )
引数
文字列
文字列
全角空白
FALSE
全角の空白は含めない(デフォルト)
TRUE
全角の空白を含めて削除
戻値
両端の空白と制御文字が取り除かれた文字列

プログラム実行例

無線LANのインターフェイス情報を取得

HASHTBL LAN str = SPLIT(DOSCMD("netsh wlan show interface"), "<#CR>") FOR n = 0 TO UBound(str) IFB POS(":", str[n]) THEN arr = SPLIT(str[n], ":") LAN[TRIM(arr[0])] = TRIM(arr[1]) ENDIF NEXT DIM items[] = "名前", "説明", "GUID", "物理アドレス", "状態", + _ "SSID", "BSSID", "ネットワークの種類", "無線の種類", "認証", + _ "暗号", "接続モード", "チャネル", "受信速度 (Mbps)", "送信速度 (Mbps)", + _ "シグナル", "プロファイル", "ホストされたネットワークの状態" FOR item IN items PRINT item + ":" + LAN[item] NEXT ////////////////////////////////////////////////// // 【引数】 // 配列 : 上限値を求める配列 // 【戻値】 // 配列の上限値 ////////////////////////////////////////////////// FUNCTION UBound(array[]) RESULT = RESIZE(array) FEND
結果
名前:ワイヤレス ネットワーク接続
説明:Intel(R) WiFi Link 1000 BGN
GUID:***
物理アドレス:74
状態:接続されました
SSID:***
BSSID:18
ネットワークの種類:インフラストラクチャ
無線の種類:802.11n
認証:WPA2-パーソナル
暗号:CCMP
接続モード:自動接続
チャネル:10
受信速度 (Mbps):72
送信速度 (Mbps):72
シグナル:80%
プロファイル:***
ホストされたネットワークの状態:利用不可

ユーザー名を取得

HASHTBL ENV str = SPLIT(DOSCMD("SET"), "<#CR>") FOR n = 0 TO UBound(str) IFB POS("=", str[n]) THEN arr = SPLIT(str[n], "=") ENV[TRIM(arr[0])] = TRIM(arr[1]) ENDIF NEXT PRINT ENV["USERNAME"] ////////////////////////////////////////////////// // 【引数】 // 配列 : 上限値を求める配列 // 【戻値】 // 配列の上限値 ////////////////////////////////////////////////// FUNCTION UBound(array[]) RESULT = RESIZE(array) FEND

システムの起動時間を取得

PRINT TRIM(POWERSHELL("[Management.ManagementDateTimeConverter]::ToDateTime((Get-WmiObject Win32_OperatingSystem).LastBootUpTime)"))
結果
2019年12月21日 15:53:56

この記事は役に立ちましたか?
役に立った 役に立たなかった