TOKEN

構文
TOKEN( 区切文字, var文字列, [区切方法, ダブルコーテイション] )
引数
区切文字
文字列を区切る文字を指定(1文字単位で認識、"#$%" の場合は '#','$','%' の3つが区切り文字になる)
文字列
文字列は区切られた後、残りの文字列を返す
区切方法
FALSE
区切り文字が連続していた場合でも一つずつ取り出す (デフォルト)
TRUE
区切り文字が連続していた場合に連続した部分は削除
ダブルコーテイション
FALSE
"ダブルコーテイション"内も無視して区切る (デフォルト)
TRUE
"ダブルコーテイション"の文字は区切らない
戻値
結果の文字列

プログラム実行例

連想配列に代入する値をTEXTBLOCKでまとめて宣言する

HASHTBL Month TEXTBLOCK String 1 睦月 2 如月 3 弥生 4 卯月 5 皐月 6 水無月 7 文月 8 葉月 9 長月 10 神無月 11 霜月 12 師走 ENDTEXTBLOCK DIM arr = SPLIT(String, "<#CR>") FOR n = 0 TO UBound(arr) t1 = TOKEN(" ", arr[n]) t2 = TOKEN(" ", arr[n]) Month[t1] = t2 NEXT PRINT Month[1] ////////////////////////////////////////////////// // 【引数】 // 配列 : 上限値を求める配列 // 【戻値】 // 配列の上限値 ////////////////////////////////////////////////// FUNCTION UBound(array[]) RESULT = RESIZE(array) FEND
結果
睦月

記述例

メールアドレスをアカウント名とドメイン名にわける

DIM str = "info@example.com"

REPEAT
	PRINT TOKEN("@", str)
UNTIL str = ""
結果
info
example.com