SQRT

平方根を求めます。値は正の値で返されます。2乗根以外のべき根を求めるにはPOWER関数を使います。

構文
  1. Double = SQRT( 数値 )
引数
数値
べき根を求める値
戻値
引数の平方根

平方根

2乗すると\(x\)になる数を\(x\)の平方根といいます。

\[\sqrt{x^{2}} = x\]

例えば9の平方根は2乗して9になる数のことを指し、\(\pm 3\)となります。

\[\sqrt{9}=\sqrt{3^{2}}=3\]
PRINT SQRT(9)
結果
3

負の値を渡した場合エラーとなります。

PRINT SQRT(-4)
結果
NAN