SAVEIMG

構文
SAVEIMG( [画像名, ID, x, y, 幅, 高さ, クライアント指定, JPEG指定, 画面取得指定] )
引数
画像名
保存ファイル名(BMP/JPEG形式) (画像名を省略した場合はクリップボードへ)
ID
Windowを識別するID (0 であればスクリーン全体)
X, Y
位置
幅, 高さ
大きさ
クライアント指定
FALSE
指定ウィンドウ全体 (デフォルト)
TRUE
クライアント領域
JPEG指定
1(高圧縮)~100(低圧縮) までの圧縮率を指定すると JPEGにて保存、 0(デフォルト)は BMPにて保存
画面取得指定
0(デフォルト)
指定アプリがフォアグランドかバックグランドかにより画面の取得方法を変更
IMG_FORE
フォアグランドとして可視画面(デスクトップ)より画像を取得
IMG_BACK
バックグランドとしてアプリより画像を取得(他画面がオーバーラップしていてもOK)
戻値

プログラム実行例

画像をクリップボードにコピーする

Alt+Sでマウスカーソル下のオブジェクトのスクリーンショット画像をクリップボードにコピーします。

SETHOTKEY(VK_S, MOD_ALT, "imageToClipboard")
SETHOTKEY(VK_ESC, EMPTYPARAM, "forceQuit")

WHILE TRUE
	SLEEP(0.01)
WEND

PROCEDURE imageToClipboard()
	SAVEIMG( , GETID(GET_FROMPOINT_WIN))
FEND

//////////////////////////////////////////////////
// 【引数】
// 
// 【戻値】
// 
//////////////////////////////////////////////////
PROCEDURE forceQuit()
	EXITEXIT
FEND
解説
  1. 1行目
    SETHOTKEY(VK_S, MOD_ALT, "imageToClipboard")
    
    Alt+SでimageToClipboard関数を実行します。
  2. 2行目
    SETHOTKEY(VK_ESC, EMPTYPARAM, "forceQuit")
    
    EscでforceQuit関数を実行します。
  3. 4-6行目
    WHILE TRUE
    	SLEEP(0.01)
    WEND
    
    無限ループ。Alt+SもしくはEscが入力されるのを待機します。

画像をクリップボードにコピーする

SETHOTKEY(VK_S, MOD_ALT, "imageToClipboard")
SETHOTKEY(VK_ESC, EMPTYPARAM, "forceQuit")

WHILE TRUE
	SLEEP(0.01)
WEND

PROCEDURE imageToClipboard()
	SAVEIMG( , GETID(GET_ACTIVE_WIN))
FEND

//////////////////////////////////////////////////
// 【引数】
// 
// 【戻値】
// 
//////////////////////////////////////////////////
PROCEDURE forceQuit()
	EXITEXIT
FEND

表示されているすべてのウィンドウのスクリーンショットを保存

DIM FSO = CREATEOLEOBJ("Scripting.FileSystemObject")

DIM folderspec = "D:\Desktop\Screenshot"
IF FSO.FolderExists(folderspec) = FALSE THEN FSO.CreateFolder(folderspec)

FOR n = 0 TO GETALLWIN() - 1
	DIM ID = ALL_WIN_ID[n]
	IFB STATUS(ID, ST_VISIBLE) = TRUE		
		DIM filename = ID + "_" + STATUS(ID, ST_TITLE)
		filename = PathCleanupSpec(filename)
		DIM path = FSO.BuildPath(folderspec, filename)
		path = uniqueFilename(path)
		SAVEIMG(path, id)
	ENDIF
NEXT

//////////////////////////////////////////////////
// 【引数】
//   filename : 使えない文字を削除するファイル・フォルダ名 
// 【戻値】
//   ファイル名として使えない文字を削除した文字列 
//////////////////////////////////////////////////
FUNCTION PathCleanupSpec(filename)
	DIM filenameErrChar[12] = "\", "/", ":", "*", "?", "<#DBL>", "<#CR>", "<#TAB>", "<", ">", "|", "[", "]"
	FOR item IN filenameErrChar
		filename = REPLACE(filename, item, "")
	NEXT
	RESULT = filename
FEND

//////////////////////////////////////////////////
// 【引数】
//   path : ファイルのパス 
// 【戻値】
//   重複しないファイル名 
//////////////////////////////////////////////////
FUNCTION uniqueFilename(path)
	DIM FSO = CREATEOLEOBJ("Scripting.FileSystemObject")
	IFB FSO.FileExists(path) THEN
		DIM fol = FSO.GetParentFolderName(path)
		DIM filename = FSO.GetBaseName(path)
		DIM extension = FSO.GetExtensionName(path)
		DIM i = 2
		WHILE FSO.FileExists(FSO.BuildPath(fol, filename + " (" + i + ")." + extension))
			i = i + 1
		WEND
		RESULT = FSO.BuildPath(fol, filename + " (" + i + ")." + extension)
	ELSE
		RESULT = path
	ENDIF
FEND