RECOSTATE

構文
RECOSTATE( 開始フラグ, [単語登録, 単語登録, ...] )
引数
開始フラグ
TRUE
音声認識開始
FALSE
音声認識停止
単語登録
認識させたい単語を第2引数以降に記述(配列変数で与える事も可)
戻値

この記事は役に立ちましたか?
役に立った 役に立たなかった