READINI

INIファイルの値を読み込みます。

構文
READINI( セクション, キー, [INIファイル名] )
引数
セクション
セクション名
キー
キー名
INIファイル名
デフォルト(省略時)では、カレントディレクトリに スクリプト名.INI
戻値
取得した値

INIファイル(初期化ファイル)

INIファイルは設定に関する情報を保存するためのファイルです。

[ ]内にセクション、=の左にキー、右に値を記述します。

[section] key=value

INIファイルにパスワードを保存するときの注意点

INIファイルにIDやパスワードの個人情報を平文で保存するのは、ファイルが盗まれたら簡単に不正アクセスされてしまうため危険です。

そこで万が一ファイルが盗まれた際の不正アクセスを防ぐために、個人情報を暗号化することをおすすめします。

Chiperモジュールを作成してありますので、ぜひご活用下さい。

desktop.ini

ダウンロード

[.ShellClassInfo] LocalizedResourceName=@%SystemRoot%\system32\shell32.dll,-21798 IconResource=%SystemRoot%\system32\imageres.dll,-184

デスクトップ

[.ShellClassInfo] LocalizedResourceName=@%SystemRoot%\system32\shell32.dll,-21769 IconResource=%SystemRoot%\system32\imageres.dll,-183
CONST ssfDesktop = 0 DIM Shell = CREATEOLEOBJ("Shell.Application") DIM Folder = Shell.NameSpace(ssfDesktop) DIM path = Folder.Self.Path + "\desktop.ini" PRINT READINI(".ShellClassInfo", "LocalizedResourceName", path)

ドキュメント

[.ShellClassInfo] LocalizedResourceName=@%SystemRoot%\system32\shell32.dll,-21770 IconResource=%SystemRoot%\system32\imageres.dll,-112 IconFile=%SystemRoot%\system32\shell32.dll IconIndex=-235

ピクチャ

[.ShellClassInfo] LocalizedResourceName=@%SystemRoot%\system32\shell32.dll,-21779 InfoTip=@%SystemRoot%\system32\shell32.dll,-12688 IconResource=%SystemRoot%\system32\imageres.dll,-113 IconFile=%SystemRoot%\system32\shell32.dll IconIndex=-236

ビデオ

[.ShellClassInfo] LocalizedResourceName=@%SystemRoot%\system32\shell32.dll,-21791 InfoTip=@%SystemRoot%\system32\shell32.dll,-12690 IconResource=%SystemRoot%\system32\imageres.dll,-189 IconFile=%SystemRoot%\system32\shell32.dll IconIndex=-238

ミュージック

[.ShellClassInfo] LocalizedResourceName=@%SystemRoot%\system32\shell32.dll,-21790 InfoTip=@%SystemRoot%\system32\shell32.dll,-12689 IconResource=%SystemRoot%\system32\imageres.dll,-108 IconFile=%SystemRoot%\system32\shell32.dll IconIndex=-237

プログラム実行例

UWSC.INIよりUWSC本体のウィンドウの幅と高さを取得

DIM WshShell = CREATEOLEOBJ("WScript.Shell") DIM username = WshShell.ExpandEnvironmentStrings("%USERNAME%") SELECT TRUE // Vista以降 CASE KINDOFOS() >= 20 path = "C:\Users\" + username + "\AppData\Roaming\UWSC\UWSC.INI" // Windows XP CASE KINDOFOS() = 13 path = "C:\Documents and Settings\" + username + "\Application Data\UWSC" DEFAULT MSGBOX("UWSC.INIのパスを特定できませんでした。") EXIT SELEND // SETセクションのPositionキーの値を取得 PRINT READINI("SET", "Position", path)

この記事は役に立ちましたか?
役に立った 役に立たなかった