POFF

電源断、ログオフなどの操作をします。

構文
  1. void = POFF( コマンド )
引数
コマンド
P_POWEROFF
電源断
P_LOGOFF
ログオフ
P_REBOOT
リブート
P_SUSPEND
サスペンド(休止状態)
P_SUSPEND2
サスペンド2(スタンバイ)
P_MONIPOWER
モニターOFF(省電力モード)
P_MONIPOWER2
モニターOFF(電源断)
P_MONIPOWER3
モニターON
P_SCREENSAVE
スクリーンセーバ起動
P_UWSC_REEXEC
UWSCの再起動(第2引数を True指定するとスクリプト再実行)
P_FORCE
強制実行:他コマンド(POWEROFF,LOGOFF,REBOOT)に付加して使用
例)強制電源断:P_POWEROFF or P_FORCE
戻り値

プログラム実行例

PCの電源を切る

POFF(P_POWEROFF)
  1. POFF

ログオフする

POFF(P_LOGOFF)
  1. POFF

PCを再起動する

POFF(P_REBOOT)
  1. POFF

PCをスリープ状態にする

POFF(P_SUSPEND)
  1. POFF

Was this post helpful?

関連記事

DOSCMD
DOSCMD関数は、コマンドライン(コマンドプロンプト)を実行する関数です。第一引数に指定したコマンドを実行します。標準出力を戻値として返しますが、同期フラグもしくは画面出力がTrueの場合は戻値はありません。
MONITOR
MONITOR関数は、指定したモニタ番号・取得項目の情報を取得します。取得項目には、X座標・Y座標・幅・高さ・モニター名があります。引数なしの場合はモニターの数を返します。
POWERSHELL
POEWRSHELL関数は、POWERSHELLのコマンドを実行する関数です。第一引数に指定したコマンドを実行します。標準出力を戻値として返しますが、同期フラグがTrue、もしくは画面表示がTrue・2の場合は戻値はありません。
STATUS
ウィンドウの各種状態を取得します。タイトル・クラス名・X座標・Y座標・幅・高さなどを取得することができます。