PEEKCOLOR

PEEKCOLOR関数は、指定位置の色情報を取得する関数です。戻値はBGRのカラーコードを16進数で表記した6桁です。色成分を分けて取得するには第三引数に取得する色を指定するか、論理積(AND)で成分を分解して取得します。

構文
  1. Integer = PEEKCOLOR( X, Y, [RGB指定, クリップボード指定] )
引数
X、Y
座標 X、Y
RGB指定
0
BGR値にて返す (デフォルト)
COL_RGB(3)
RGB値にて返す
COL_R(4)
赤の成分のみを返す
COL_G(5)
緑の成分のみを返す
COL_B(6)
青の成分のみを返す
クリップボード指定
FALSE
画面より(デフォルト)
TRUE
クリップボードより
戻値
指定位置の色情報
BGR値 例) 青:$FF0000、緑:$00FF00、赤:$0000FF、オレンジ:$0080FF、黄:$00FFFF
RGB値 例) 赤:$FF0000、緑:$00FF00、青:$0000FF、オレンジ:$FF8000、黄:$FFFF00
DIM c = PEEKCOLOR(G_MOUSE_X, G_MOUSE_Y) DIM r = c AND $FF DIM g = (c AND $FF00) / $100 DIM b = (c AND $FF0000) / $10000

プログラム実行例

マウスカーソル下の色を取得

// ESCキーで強制終了 SETHOTKEY(VK_ESC, EMPTYPARAM, "forceQuit") WHILE TRUE DIM c = PEEKCOLOR(G_MOUSE_X, G_MOUSE_Y) DIM r = c AND $FF DIM g = (c AND $FF00) / $100 DIM b = (c AND $FF0000) / $10000 FUKIDASI("赤<#TAB>" + r + "<#CR>緑<#TAB>" + g + "<#CR>青<#TAB>" + b) SLEEP(0.001) WEND ////////////////////////////////////////////////// // 【引数】 // // 【戻値】 // ////////////////////////////////////////////////// PROCEDURE forceQuit() EXITEXIT FEND

この記事は役に立ちましたか?
役に立った 役に立たなかった