MOUSEORG

マウス座標を相対座標にする、 またはマウスとキー情報を直接ウィンドウへ送ります。

構文
  1. void = MOUSEORG( ID, [基準指定, 画面取得指定] )
引数
ID
Windowを識別するID
基準指定
0(デフォルト)
ウィンドウ位置
MORG_CLIENT(1)
クライアント領域の位置を基準にする
MORG_DIRECT(2)
指定ウィンドウ(オブジェクト)へマウス、キー情報を直接送る(第1引数はウィンドウIDでもハンドル値でも可)
画面取得指定
PEEKCOLOR()、CHKIMG()関数にて
MORG_FORE(0)(デフォルト)
フォアグランドとして可視画面(デスクトップ)からの画像を検索画面とする
MORG_BACK(2)
バックグランドとしてアプリより検索画面を取得(他画面がオーバーラップしていてもOK)
戻り値
以降のMMV( )、BTN( )、PEEKCOLOR( )、CHKIMG( )関数の座標を指定ウィンドウを基準にしたものにする
基準指定にて MORG_DIRECTが指定された場合は KBD( )、MMV( )、BTN( )関数の情報は直接ウィンドウ(オブジェクト)へ送る
スクリーン座標に戻す時はゼロを指定 MOUSEORG(0)
有効範囲はスレッド単位

プログラム実行例

バックグラウンドでマッチした画像クリックする

MOUSEORG(ID, MORG_DIRECT, MORG_BACK)
CHKIMG("image.bmp", -1)
BTN(LEFT, CLICK, G_IMG_X, G_IMG_Y)
  1. MOUSEORG
  2. CHKIMG
  3. BTN
解説
  1. 1行目
    MOUSEORG(ID, MORG_DIRECT, MORG_BACK)
    取得したい画像があるIDを指定。
  2. 2行目
    CHKIMG("image.bmp", -1)
    クリックしたい画像のパスを指定。
  3. 3行目
    BTN(LEFT, CLICK, G_IMG_X, G_IMG_Y)
    バックグラウンドでマッチした座標をクリック。フォアグラウンドでもクリックされます。

マウスカーソル下のウィンドウの左上の座標に移動する

MOUSEORG(GETID(GET_FROMPOINT_WIN))
MMV(0, 0)
  1. MOUSEORG
  2. GETID
  3. MMV

MOUSEORGで変更した基準値をスクリーン座標に戻す

MOUSEORG(0)
  1. MOUSEORG

Was this post helpful?

関連記事

ACW
指定したIDのウィンドウの位置・サイズを変更します。IDのみを指定した場合、そのウィンドウをアクティブにします。
STATUS
ウィンドウの各種状態を取得します。タイトル・クラス名・X座標・Y座標・幅・高さなどを取得することができます。
CHKBTN
指定したIDのウィンドウにあるチェックボックス・ラジオボタンがチェックされているかを返します。
CHKIMG
指定画像が画面上にあるかチェックしあればその情報を返します。
CLKITEM
指定したIDのウィンドウのアイテムをクリックします。アイテムに指定できるものにはボタン・チェックボックス・ラジオボタン・リストボックス・コンボボックス・タブコントロール・メニュー・ツリービュー・リストビュー・ツールバー・リンクがあります。
CTRLWIN
ウィンドウの状態を操作します。ウィンドウを終了、アクティブ化、表示・非表示、最大化・最小化などができます。
GETALLWIN
全ウィンドウのIDを取得します。
GETCTLHND
ボタン等、オブジェクトのハンドルを取得します。
GETID
指定したウィンドウのIDを取得します。第一引数に取得したいウィンドウのタイトル(一部でも可)を指定します。UWSCでウィンドウを操作するのによく使う関数です。
GETITEM
指定したIDのウィンドウのキャプション文字やリストなどを取得すします。取得した情報は配列変数のALL_ITEM_LIST[ ]に格納されます。戻値は取得した数でInteger型です。
GETKEYSTATE
GETKEYSTATE関数は、キークリック・マウスクリック・トグルキー情報を取得する関数です。引数に指定したキーコードに対応するキーのクリックがあった場合はTRUE、なかった場合はFALSEを返します。
GETSLIDER
スライダー(トラックバー、スクロールバー)の値を取得します。
GETSTR
引数に指定したIDのウィンドウの文字列を取得します。取得した文字列を返します。
HNDTOID
引数に指定したハンドル値をIDに変換して返します。IDをハンドル値に変換するにはIDTOHND関数を使います。
IDTOHND
引数に指定したIDをハンドル値に変換して返します。ハンドル値をIDに変換するにはHNDTOID関数を使います。
LOCKHARDEX
MMV
MUSCUR
MUSCUR関数は、マウスカーソルの種別を数値で返す関数です。引数はなく、戻値はInteger型です。
PEEKCOLOR
PEEKCOLOR関数は、指定座標の色を取得する関数です。
SCKEY
ショートカットキーを実行します。
SENDSTR
指定したIDのウィンドウに文字列を送信します。キー入力をする場合はKBD関数を使います。
SETSLIDER
スライダー(トラックバー、スクロールバー)の値を設定します。