MONITOR

指定したモニタ番号・取得項目の情報を取得します。X座標・Y座標・幅・高さ・モニター名が取得でき、引数なしの場合はモニターの数を返します。

構文
MONITOR( モニタ番号, 取得項目 )
引数
モニタ番号
モニタ番号を指定(メインモニタは 0)
取得項目
MON_X
X座標
MON_Y
Y座標
MON_WIDTH
MON_HEIGHT
高さ
MON_NAME
モニター名
戻値

MONITOR( ) 引数なしの場合はモニターの数を返す

モニタ番号

Windows10の場合、デスクトップの何もないところで右クリック、[ディスプレイ設定]、[ディスプレイの設定と整理]、[識別]で確認することができます。

座標について

[ディスプレイ設定]で[これをメインディスプレイにする]でチェックを入れたモニタの左上が(x, y) = (0, 0)、それよりも左はx座標が、上はy座標がマイナス値になります。

プログラム実行例

ディスプレイ情報を取得

FOR n = 0 TO MONITOR()
	PRINT "[" + n + "]"
	PRINT "MON_X:" + MONITOR(n, MON_X)
	PRINT "MON_Y:" + MONITOR(n, MON_Y)
	PRINT "MON_WIDTH:" + MONITOR(n, MON_WIDTH)
	PRINT "MON_HEIGHT:" + MONITOR(n, MON_HEIGHT)
	PRINT "MON_NAME:" + MONITOR(n, MON_NAME)
	PRINT ""
NEXT
  1. script.function.MONITOR(1,3-7)
結果

[0]
MON_X:1366
MON_Y:0
MON_WIDTH:1080
MON_HEIGHT:1920
MON_NAME:Generic Non-PnP Monitor

[1]
MON_X:1366
MON_Y:0
MON_WIDTH:1080
MON_HEIGHT:1920
MON_NAME:Generic Non-PnP Monitor

[2]
MON_X:False
MON_Y:False
MON_WIDTH:False
MON_HEIGHT:False
MON_NAME:False