LN

自然対数を求めます。

構文
  1. Double = LN( 数値 )
引数
戻値

自然対数

自然対数は、ネイピア数(\(e=2.718281828…\))を対数とする対数のことです。

\[y=\ln{x}=\log_e{x}\]

LOGN関数のBaseを\(e\)としたときと同じ値を返します。

DIM e = 2.7182818284590

PRINT LN(x)
PRINT LOGN(e, x)