KBD

構文
KBD( 仮想KEY, [状態, ms] )
引数
仮想KEY
仮想KEYコード、もしくはUNICODE
状態
CLICK(0:デフォルト), DOWN(1), UP(2)
ms
実行までの待ち時間 (ミリセカンド)
戻値

プログラム実行例

パソコンの音量を上げる

IFB KINDOFOS() >= 12 KBD(VK_VOLUME_UP) ELSE ID = EXEC("SNDVOL32.exe /t") SETSLIDER(ID, GETSLIDER(ID, 1) - 10) ENDIF

パソコンの音量を下げる

IFB KINDOFOS() >= 12 KBD(VK_VOLUME_DOWN) ELSE ID = EXEC("SNDVOL32.exe /t") SETSLIDER(ID, GETSLIDER(ID, 1) + 10) ENDIF

この記事は役に立ちましたか?
役に立った 役に立たなかった