IDTOHND

タグ: ,

引数に指定したIDをハンドル値に変換して返します。

ハンドル値をIDに変換するには、HNDTOID関数を利用します。

構文
  1. Double = IDTOHND( ID )
引数
ID
ID
戻値
ハンドル

プログラム実行例

ウィンドウのタイトルバーを点滅させる

DEF_DLL FlashWindow(hwnd, long): long: user32.dll

DIM hwnd = IDTOHND(EXEC("notepad"))

FOR i = 1 TO 3
	PRINT FlashWindow(hwnd , TRUE)
	SLEEP(3.000)
NEXT
  1. user32.FlashWindow
  2. IDTOHND
  3. EXEC
  4. SLEEP

メモ帳のマウス入力とキーボード入力を一時的に無効化する

DEF_DLL EnableWindow(hwnd, bool): long: user32.dll

DIM hwnd = IDTOHND(EXEC("notepad"))

PRINT EnableWindow(hwnd, FALSE)
SLEEP(3.000)

PRINT EnableWindow(hwnd, TRUE)
  1. user32.EnableWindow
  2. IDTOHND
  3. EXEC