GETSTR

構文
  1. UString = GETSTR( ID, [番号, 種別, マウス移動] )
引数
ID
Windowを識別するID
(ID = 0 であれば クリップボードから)
番号
左上から数えたコントロールの順番 (1から指定、マイナスを付けた場合にはDisable状態のものもカウント)
(0:デフォルトはフォーカスを持ったコントロール)
(ステータスバー指定時はパーツ)
種別
STR_EDIT (0)
エディトコントロール(デフォルト)
STR_STATIC (1)
スタティクコントロール
STR_STATUS (2)
ステータスバー
STR_ACC_EDIT (3)
アクセシビリティ経由:エディト内文字
STR_ACC_STATIC (4)
アクセシビリティ経由:スタティク文字
STR_ACC_CELL (5)
DataGridView内のCell値を取得
マウス移動
FALSE
マウス移動なし(デフォルト)
TRUE
マウスをその場所に移動させる
戻値

取得した文字列

(指定物が存在しない場合には EMPTYを返す)

プログラム実行例

クリップボードの文字列を小文字にして返す

DIM str = STRCONV(GETSTR(0), SC_LOWERCASE) SENDSTR(0, str) PRINT str
解説
  1. 1行目
    DIM str = STRCONV(GETSTR(0), SC_LOWERCASE)
    クリップボードの文字列を取得し、小文字に変換した文字列をstrに代入。
  2. 2行目
    SENDSTR(0, str)
    strをクリップボードに送る。
  3. 3行目
    PRINT str
    strを出力する。

クリップボードの文字列を大文字にして返す

DIM str = STRCONV(GETSTR(0), SC_UPPERCASE) SENDSTR(0, str) PRINT str
解説
  1. 1行目
    DIM str = STRCONV(GETSTR(0), SC_UPPERCASE)
    クリップボードの文字列を取得し、大文字に変換した文字列をstrに代入。
  2. 2行目
    SENDSTR(0, str)
    strをクリップボードに送る。
  3. 3行目
    PRINT str
    strを出力する。