GETSLIDER

構文
  1. Integer = GETSLIDER( ID, [番号, パラメータ] )
引数
ID
Windowを識別するID
番号
左上からのコントロールの順番 (1から指定)
パラメータ
SLD_POS (0)
値(デフォルト)
SLD_MIN
最小値
SLD_MAX
最大値
SLD_PAGE
1ページ移動量
SLD_BAR
表示が縦か横か 0:横、1:縦
SLD_X
X(クライアント位置)
SLD_Y
Y(クライアント位置)
戻値
取得した値

プログラム実行例

パソコンの音量を上げる

IFB KINDOFOS() >= 12 THEN
	KBD(VK_VOLUME_UP)
ELSE
	ID = EXEC("SNDVOL32.exe /t")
	SETSLIDER(ID, GETSLIDER(ID, 1) - 10)
ENDIF
解説
  1. 1-6行目
    IFB KINDOFOS() >= 12 THEN
    	KBD(VK_VOLUME_UP)
    ELSE
    	ID = EXEC("SNDVOL32.exe /t")
    	SETSLIDER(ID, GETSLIDER(ID, 1) - 10)
    ENDIF
    OSがWindows2000以降ならば、音量を上げる。Windows2000よりも前ならば、「SNDVOL32.exe /t」でボリュームコントロールの音量機能のみを起動し、スライダーを調整することで音量を上げる。

パソコンの音量を下げる

IFB KINDOFOS() >= 12
	KBD(VK_VOLUME_DOWN)
ELSE
	ID = EXEC("SNDVOL32.exe /t")
	SETSLIDER(ID, GETSLIDER(ID, 1) + 10)
ENDIF