GETDIR

構文
GETDIR( ディレクトリ, [ファイル指定, 不可視ファイルフラグ, 取得順番] )
引数
ディレクトリ
ファイル名の取得のディレクトリ
ファイル指定
ワイルドカード(*, ?)によるファイル名指定
"\"を指定するとディレクトリ名の取得
不可視ファイルフラグ
TRUE
不可視ファイルも含める
FALSE
含めない(デフォルト)
取得順番
ファイル並び
0
ファイル名(デフォルト)
1
サイズ
2
作成日
3
更新日
4
アクセス日
戻値

取得した数を返す (For In 構文にて指定された場合は各要素を返す)

取得した情報は配列変数の GETDIR_FILES[ ] に格納される (配列はゼロから)

プログラム実行例

デスクトップのファイル名一覧を取得・出力する

CONST ssfDesktop = 0 DIM Shell = CREATEOLEOBJ("Shell.Application") DIM Folder = Shell.NameSpace(ssfDesktop) PRINT "ファイルの数<#TAB>" + GETDIR(Folder.Self.Path) PRINT "----------" FOR Item IN GETDIR_FILES PRINT Item NEXT

この記事は役に立ちましたか?
役に立った 役に立たなかった