GETCTLHND

構文
  1. Double = GETCTLHND( ID, アイテム名, [番号] )
引数
ID
Windowを識別するID
アイテム名
ボタン類のキャプション文字、もしくはオブジェクトのクラス名
番号
同じアイテム名がある場合に番号指定
戻値
ハンドル値

GETCTLHND(ID,GET_MENU_HND) とするとメニュハンドルを返す

GETCTLHND(ID,GET_SYSMENU_HND) とするとシステムメニュハンドルを返す

アイテム名の見つけ方

マウスカーソル下のアイテム名を吹き出しで表示します。

SETHOTKEY(VK_ESC, EMPTYPARAM, “forceQuit”)

WHILE TRUE
	FUKIDASI(STATUS(GETID(GET_FROMPOINT_OBJ), ST_CLASS))
	SLEEP(0.001)
WEND

//////////////////////////////////////////////////
// 【引数】
// 
// 【戻値】
// 
//////////////////////////////////////////////////
PROCEDURE forceQuit()
	EXITEXIT
FEND

プログラム実行例

メモ帳の指定したメニュー項目を無効化する

[ファイル]の「メモ帳の終了」をグレー表示でクリックできないようにする。

DEF_DLL GetSubMenu(HWND, int): HWND: user32.dll
DEF_DLL EnableMenuItem(HWND, UINT, UINT): DWORD: user32.dll

CONST MF_BYPOSITION = $400
CONST MF_GRAYED = $1

DIM ID = EXEC("notepad")
DIM hwnd = GetSubMenu(GETCTLHND(ID, GET_MENU_HND), 0)

PRINT EnableMenuItem(hwnd, 9, MF_BYPOSITION + MF_GRAYED)

他の項目は以下の表を参照。

値は、(GetSubMenu第ニ引数)と(EnableMenuItem第二引数)を表しています。

例えば「フォント」の場合、2-1なので以下のように指定します。

GetSubMenu(GETCTLHND(ID, GET_MENU_HND), 2)
EnableMenuItem(hwnd, 1, MF_BYPOSITION + MF_GRAYED)
項目
0-0 新規
0-1 新しいウィンドウ
0-2 開く
0-3 上書き保存
0-4 名前を付けて保存
0-6 ページ設定
0-7 印刷
0-9 メモ帳の終了
項目
1-11 置換
1-14 すべて選択
1-15 日付と時刻
項目
2-0 右端で折り返す
2-1 フォント
項目
3-0 ズーム
3-1 ステータスバー
項目
4-0 ヘルプの表示
4-1 フィードバックの送信
4-3 バージョン情報
  1. user32.GetSubMenu
  2. user32.EnableMenuItem
  3. EXEC
  4. GETCTLHND

記述例

マウスカーソル下のID・クラス名・ハンドル値を吹き出しに表示

SETHOTKEY(VK_ESC, EMPTYPARAM, “forceQuit”)

WHILE TRUE
	DIM ID = GETID(GET_FROMPOINT_OBJ)
	FUKIDASI(“ID<#TAB><#TAB>” + ID + “<#CR>” + _
				“クラス名<#TAB><#TAB>” + STATUS(ID, ST_CLASS) + “<#CR>” + _
				“ハンドル値<#TAB>” + GETCTLHND(ID, GET_MENU_HND))
	SLEEP(0.001)
WEND

// 強制終了する
PROCEDURE forceQuit()
	EXITEXIT
FEND