FORMAT

指定された数値の左側をスペースで埋める関数です。文字が指定された場合その文字で埋めます。

構文
FORMAT( 数値, 幅, [小数点桁or16進指定] )
引数
数値
数値 もしくは文字
出力される文字数(数値より指定幅が大きい時は左側をスペースにて補完)
数値ではなく文字が指定された場合は その文字で幅分を埋める
小数点桁 or 16進指定
表示する小数点桁数、 また -1 が指定された場合は16進数表記にする
戻値
フォーマットされた文字列

プログラム実行例

数値の0埋め(ゼロパディング)をする

FORMAT関数で数値の左側をスペースで補完し、そのスペースを「0」に置換することで0埋めをしています。

DIM num = 256
PRINT REPLACE(FORMAT(num, 5), " ", "0")
  1. REPLACE
  2. FORMAT
結果
00256

指定した文字を幅分埋める

DIM str = "*"
PRINT FORMAT(str, 10)
  1. FORMAT
結果
**********

指定した文字を幅分埋める

2文字以上も可能ですが。指定した文字数を超える部分はカットされます。

DIM str = "∽…∞…"
PRINT FORMAT(str, 21)
  1. FORMAT
結果
∽…∞…∽…∞…∽…∞…∽…∞…∽…∞…∽