DROPFILE

構文
  1. DROPFILE( ID, ディレクトリ, ファイル名, [ファイル名, ファイル名, ...] )
  2. DROPFILE( ID, x, y, ディレクトリ, ファイル名, [ファイル名, ファイル名, ...] )
引数
ID
ドロップする相手先
x, y
第2引数と第3引数が数値であれば ドロップ位置 X, Yと判断(デフォルトは中央)
ディレクトリ
ファイルのあるディレクトリ
ファイル名
ドロップするファイル名(配列変数で渡す事も可)
戻値