CHKBTN

構文
  1. return = CHKBTN( ID, アイテム名, [番号, ACC指定] )
引数
ID
Windowを識別するID
アイテム名
ボタン、チェックボックス、ラジオボタンのキャプションの文字
番号
同名がある場合のオブジェクト順番 (左上から数えた順番[1から指定])
ACC指定
FALSE
API もしくは UIA インターフェースを使用 (デフォルト)
TRUE
アクセシビリティ用インターフェースを利用
2
アクセシビリティ用インターフェースを利用(ウィンドウをアクティブ化しない)
戻値
-1(SByte型)
存在しないか無効状態
0(Int64型)
OFF
1(Int64型)
ON
2(Int64型)
チェックボックスにて淡色状態

記述例

ボタン・チェックボックスの状態を取得

DIM ID = EXEC("notepad")
CLKITEM(ID, "編集\置換", ITM_MENU)

DIM ID2 = GETID("置換", "#32770")

PRINT "大文字と小文字を区別する:" + CHKBTN(ID2, "大文字と小文字を区別する")
PRINT "折り返しあり:" + CHKBTN(ID2, "折り返しあり")
PRINT "次を検索:" + CHKBTN(ID2, "次を検索")
PRINT "置換して次に:" + CHKBTN(ID2, "置換して次に")
PRINT "すべて置換:" + CHKBTN(ID2, "すべて置換")
PRINT "キャンセル:" + CHKBTN(ID2, "キャンセル")
結果
大文字と小文字を区別する:1
折り返しあり:1
次を検索:-1
置換して次に:-1
すべて置換:-1
キャンセル:0

チェックボックスの選択状態を取得

チェックボックスにチェックが入っていれば「1」、入っていなければ「0」が返ります。

DIM ID = GETID("アドオンを有効にする", "#32770")

PRINT CHKBTN(ID, "Java(tm) Plug-In 2 SSV Helper")
結果
1

チェックボックスにチェックを入れる

メモ帳を起動し、置換の「大文字と小文字を区別する」と「折り返しあり」にチェックを入れます。

DIM ID = EXEC("notepad")
CLKITEM(ID, "編集\置換", ITM_MENU)

DIM ID2 = GETID("置換", "#32770")

WHILE !CHKBTN(ID2, "大文字と小文字を区別する")
	CLKITEM(ID2, "大文字と小文字を区別する", ITM_BTN)
WEND

WHILE !CHKBTN(ID2, "折り返しあり")
	CLKITEM(ID2, "折り返しあり", ITM_BTN)
WEND