ACW

ウィンドウを上下に並べるにはShell.TileHorizontally、 左右に並べるにはShell.TileVerticallyを使います。

構文
ACW( ID, [x, y, 幅, 高さ, ms] )
引数
ID
Windowを識別するID(0であれば前回と同じ)
x, y
Windows位置
幅, 高さ
Window幅、高さ
戻値

プログラム実行例

ペイントを起動しウィンドウの位置とサイズを設定

DIM ID = EXEC("mspaint")
ACW(ID, 0, 0, G_SCREEN_W / 2, G_SCREEN_H / 2)
  1. script.function.EXEC(1)
  2. script.function.ACW(2)
解説
  1. 1行目
    DIM ID = EXEC("mspaint")
    
    EXEC関数で「ペイント」を起動し、IDを取得。
  2. 2行目
    ACW(ID, 0, 0, G_SCREEN_W / 2, G_SCREEN_H / 2)
    
    ペイントの位置を(x, y) = (0, 0)に、幅を画面幅の半分、高さを画面高の半分に設定する。