STRCONV

構文
  1. UString = STRCONV( 文字列, 変換指定 )
引数
文字列
変換する文字列
変換指定
SC_LOWERCASE
小文字
SC_UPPERCASE
大文字
SC_HIRAGANA
ひらがな
SC_KATAKANA
カタカナ
SC_HALFWIDTH
半角文字
SC_FULLWIDTH
全角文字
戻値
変換された文字列

プログラム実行例

クリップボードの文字列を小文字にして返す

DIM str = STRCONV(GETSTR(0), SC_LOWERCASE)
SENDSTR(0, str)
PRINT str
  1. STRCONV
  2. GETSTR
  3. SENDSTR
解説
  1. 1行目
    DIM str = STRCONV(GETSTR(0), SC_LOWERCASE)
    
    クリップボードの文字列を取得し、小文字に変換した文字列をstrに代入。
  2. 2行目
    SENDSTR(0, str)
    
    strをクリップボードに送る。
  3. 3行目
    PRINT str
    strを出力する。

クリップボードの文字列を大文字にして返す

DIM str = STRCONV(GETSTR(0), SC_UPPERCASE)
SENDSTR(0, str)
PRINT str
  1. STRCONV
  2. GETSTR
  3. SENDSTR
解説
  1. 1行目
    DIM str = STRCONV(GETSTR(0), SC_UPPERCASE)
    
    クリップボードの文字列を取得し、大文字に変換した文字列をstrに代入。
  2. 2行目
    SENDSTR(0, str)
    
    strをクリップボードに送る。
  3. 3行目
    PRINT str
    strを出力する。