Document

メソッド

adoptNode
外部文書からノードを取り込みます。
append
Node オブジェクト または DOMString オブジェクトのセットを ParentNode の最後に追加します。
caretRangeFromPoint
clear
close
Document.open() で開かれた文書への書き込みを終了します。
createAttribute
新しいAttrオブジェクトを生成して、返します。
createCDATASection
新規CDATAセクションを生成し返します。
createComment
新たにコメントノードを作成し返します。
createDocumentFragment
新しい文書断片を生成します。
createElement
HTML ドキュメントにおいて Document.createElement()メソッドは、tagNameで指定したHTML要素を生成する、あるいはtagNameを認識できない場合にHTMLUnknownElement を生成します。
createElementNS
指定したタグ名およびネームスペースURIで、新しい要素を生成します。
createEntityReference
新しいEntity Referenceオブジェクトを生成して返します。
createEvent
指定された型のイベントを作成します。
createExpression
評価を行うために使用することができるXPathExpressionをコンパイルします。
createNodeIterator
createNSResolver
createProcessingInstruction
createRange
createTextNode
createTouch
createTouchList
createTreeWalker
enableStyleSheetsForSet
evaluate
execCommand
exitFullscreen
exitPointerLock
getAnimations
getBoxObjectFor
getElementById
特定の id を持つエレメントへのオブジェクト参照を返します。
getElementsByClassName
引数で与えられたクラス名を持つ要素のリストを返します。
getElementsByName
引数で与えられた名前(name)を持つ要素のリストを返します。
getElementsByTagName
引数で与えられたタグ名を持つ要素のリストを返します。
getElementsByTagNameNS
指定された名前空間の指定されたタグ名を持つ要素のリストを返します。
hasFocus
指定した文書内にフォーカスがある場合に、 true を返します。
hasStorageAccess
importNode
mozSetImageElement
open
書き込み用の文書ストリームを開きます。
prepend
queryCommandEnabled
queryCommandSupported
querySelector
指定したセレクターに一致する、文書内で最初の要素ノードを返します。
querySelectorAll
指定したセレクターに一致する、文書内のすべての要素ノードのリストを返します。
registerElement
releaseCapture
この文書内の要素で現在有効になっているマウスキャプチャを解放します。
requestStorageAccess
write
文書にテキストを書き込みます。
writeln
文書にテキスト行を書き込みます。

プロパティ

alinkColor
文書本文のアクティブなリンクの色を取得または設定します。
all
anchors
文書内のすべてのアンカーのリストを返します。
applets
bgColor
現在の文書の背景色を取得または設定します。
body
現在の文書の または ノードを返します。
characterSet
文書に適用されている文字セットを返します。
childElementCount
children
compatMode
文書が Quirks モードと Strict モードのどちらで描画されているかを示します。
contentType
現在の文書の MIME ヘッダーから Content-Type を返します。
currentScript
現在実行中の<script>要素を返します。
defaultView
designMode
dir
文書のテキストの書字方向が、左書き (既定) か右書きかを表します。
doctype
現在の文書の文書型宣言 (DTD) を返します。
documentElement
文書の直接の子である Element を返します。 HTML 文書では、これは通常は文書の 要素を表す HTMLElement オブジェクトになります。
documentURI
文書の場所を文字列で返します。
documentURIObject
domain
domConfig
embeds
現在の文書に含まれる、埋め込まれた <embed> 要素のリストを返します。
fgColor
firstElementChild
forms
現在の文書の <form> 要素のリストを返します。
fullscreen
文書が現在全画面モードで表示されているかどうかを返します。
fullscreenEnabled
head
現在の文書の <head> 要素を返します。
height
現在の文書の高さを取得 / 設定します。
hidden
images
現在の文書の画像のリストを返します。
implementation
現在の文書に関連付けられた DOM 実装を返します。
lastElementChild
この ParentNode の最後の子である Element を返す。存在しない場合は null を返す。
lastModified
文書の最終更新日を返します。
lastStyleSheetSet
直前に有効であったスタイルシートセットの名称を返します。 selectedStyleSheetSet に値を設定してスタイルシートを変更するまで、この値は null になります。
linkColor
文書内のリンクの色を取得または設定します。
links
文書内のすべてのハイパーリンクのリストを返します。
location
現在の文書の URI を返します。
mozSyntheticDocument
onabort
onafterscriptexecute
onanimationcancel
onanimationend
onanimationiteration
onauxclick
onbeforescriptexecute
onblur
oncancel
oncanplay
oncanplaythrough
onchange
onclick
onclose
oncontextmenu
oncuechange
ondblclick
ondurationchange
onended
onerror
onfocus
onformdata
onfullscreenchange
onfullscreenerror
ongotpointercapture
oninput
oninvalid
onkeydown
onkeypress
onkeyup
onload
onloadeddata
onloadedmetadata
onloadend
onloadstart
onlostpointercapture
onmousedown
onmouseenter
onmouseleave
onmousemove
onmouseout
onmouseover
onmouseup
onoffline
ononline
onpause
onplay
onpointercancel
onpointerdown
onpointerenter
onpointerleave
onpointermove
onpointerout
onpointerover
onpointerup
onreset
onresize
onscroll
onselect
onselectionchange
onselectstart
onsubmit
ontouchcancel
ontouchstart
ontransitioncancel
ontransitionend
onvisibilitychange
onwheel
origin
plugins
popupNode
preferredStyleSheetSet
readyState
referrer
scripts
scrollingElement
selectedStyleSheetSet
styleSheetSets
timeline
title
tooltipNode
URL
visibilityState
vlinkColor
width
現在の文書の要素の現在の幅をピクセル値で返します。
xmlEncoding
xmlVersion
XML宣言で指定されたバージョン番号を返し、宣言がなければ”1.0″を返します。
参考文献
Document – Web API | MDN