SpecialFolders

構文
WshShell.SpecialFolders( objWshSpecialFolders )
引数
objWshSpecialFolders
取得するフォルダの名前
戻値
文字列 内容
AllUsersDesktop 0 すべてのユーザーに共通のデスクトップ
AllUsersStartMenu 1 すべてのユーザーに共通のスタートメニュー
AllUsersPrograms 2 すべてのユーザーに共通のプログラムメニュー
AllUsersStartup 3 すべてのユーザーに共通のスタートアップ
Desktop 4 ログインユーザーのデスクトップ
AppData 5 ログインユーザーのアプリ用データ
PrintHood 6 ログインユーザーのプリンタ
Templates 7 ログインユーザーの新規作成のテンプレート
Fonts 8 フォント
NetHood 9 ログインユーザーのネットワーク
Desktop 10 ログインユーザーのデスクトップ
StartMenu 11 ログインユーザーのスタートメニュー
SendTo 12 ログインユーザーの送る
Recent 13 ログインユーザーの最近使ったファイル
Startup 14 ログインユーザーのスタートアップ
Favorites 15 ログインユーザーのお気に入り
MyDocuments 16 ログインユーザーのマイドキュメント
Programs 17 ログインユーザーのプログラムメニュー

SpecialFolderの定数一覧

SpecialFolderの定数だから接頭辞「sf」を付与。特別意味があるわけではないけど、他の定数を定義したときに被りそうだから念の為。

CONST sfAllUsersDesktop = 0
CONST sfAllUsersStartMenu = 1
CONST sfAllUsersPrograms = 2
CONST sfAllUsersStartup = 3
CONST sfDesktop = 4
CONST sfAppData = 5
CONST sfPrintHood = 6
CONST sfTemplates = 7
CONST sfFonts = 8
CONST sfNetHood = 9
CONST sfDesktop = 10
CONST sfStartMenu = 11
CONST sfSendTo = 12
CONST sfRecent = 13
CONST sfStartup = 14
CONST sfFavorites = 15
CONST sfMyDocuments = 16
CONST sfPrograms = 17