Run

構文
WshShell.Run( strCommand, [intWindowStyle], [bWaitOnReturn] )
引数
strCommand
実行するコマンドラインを示す文字列値
intWindowStyle
プログラムのウィンドウの外観を示す整数値
bWaitOnReturn
スクリプト内の次のステートメントに進まずにプログラムの実行が終了するまでスクリプトを待機させるかどうかを示すブール値
戻値

IntWindowStyle

内容
0 ウィンドウを非表示にし、別のウィンドウをアクティブにします。
1 ウィンドウをアクティブにして表示します。ウィンドウが最小化または最大化されている場合は、元のサイズと位置に戻ります。アプリケーションでウィンドウを最初に表示するときには、このフラグを指定してください。
2 ウィンドウをアクティブにし、最小化ウィンドウとして表示します。
3 ウィンドウをアクティブにし、最大化ウィンドウとして表示します。
4 ウィンドウを最新のサイズと位置で表示します。アクティブなウィンドウは切り替わりません。
5 ウィンドウをアクティブにし、現在のサイズと位置で表示します。
6 指定したウィンドウを最小化し、Z オーダー上で次に上位となるウィンドウをアクティブにします。
7 ウィンドウを最小化ウィンドウとして表示します。アクティブなウィンドウは切り替わりません。
8 ウィンドウを現在の状態で表示します。アクティブなウィンドウは切り替わりません。
9 ウィンドウをアクティブにして表示します。ウィンドウが最小化または最大化されている場合は、元のサイズと位置に戻ります。アプリケーションで最小化ウィンドウを復元するときには、このフラグを指定してください。
10 アプリケーションを起動したプログラムの状態に基づいて、表示状態を設定します。

この記事は役に立ちましたか?
役に立った 役に立たなかった