RegWrite

新しいキーの作成、新しい値名の既存キーへの追加(および値の設定)、既存の値名の値変更などを行います。

構文
WshShell.RegWrite( strName, anyValue[, strType] )
引数
strName
作成、追加、変更するキー名、値名、または値を示す文字列値
anyValue
作成するキーの名前、既存のキーに追加する値の名前、または既存の値名に設定する値
strType
レジストリに保存する値のデータ型
戻値

strName

正式キー名 短縮キー名
HKEY_CLASSES_ROOT HKCR
HKEY_CURRENT_USER HKCU
HKEY_LOCAL_MACHINE HKLM
HKYE_USERS HKU(利用不可)
HKEY_CURRENT_CONFIG HKCC(利用不可)

strType

データ型 定数
文字列値 REG_SZ
バイナリ値 REG_BINARY
DWORD(32ビット)値 REG_DWORD
QWORD(64ビット)値 REG_QWORD
複数行文字列値 REG_MULTI_SZ
展開可能な文字列値 REG_EXPAND_SZ

プログラム実行例

タスクバーにある時計に秒を表示する

PC再起動後に適用されます。

DIM WshShell = CREATEOLEOBJ("WScript.Shell")

DIM name = "HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\Advanced\ShowSecondsInSystemClock"
DIM value = 1
DIM type = "REG_DWORD"

WshShell.RegWrite(name, value, type)

//DOSCMD("shutdown /r /t 0")

//////////////////////////////////////////////////
// 【引数】
//   シリアル値 : 時間を表すシリアル値を指定 
// 【戻値】
// 
//////////////////////////////////////////////////
FUNCTION Second(serial)
	RESULT = REPLACE(FORMAT(INT(serial * 86400) MOD 60, 2), " ", "0")
FEND

タスクバーにある時計の秒を非表示にする

PC再起動後に適用されます。

DIM WshShell = CREATEOLEOBJ("WScript.Shell")

DIM name = "HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\Advanced\ShowSecondsInSystemClock"
DIM value = 0
DIM type = "REG_DWORD"

WshShell.RegWrite(name, value, type)

//DOSCMD("shutdown /r /t 0")

//////////////////////////////////////////////////
// 【引数】
//   シリアル値 : 時間を表すシリアル値を指定 
// 【戻値】
// 
//////////////////////////////////////////////////
FUNCTION Second(serial)
	RESULT = REPLACE(FORMAT(INT(serial * 86400) MOD 60, 2), " ", "0")
FEND