LogEvent

構文
Boolean = WshShell.LogEvent( intType, strMessage, [strTarget] )
引数
intType
イベントの種類を表現する数値
strMessage
ログエントリのテキスト
strTarget
イベント ログを格納するコンピュータ システムの名前を示す文字列値(既定値はローカルのコンピュータシステムです。Windows NT/2000にのみ適用されます。)
戻値
True
イベントが正常に記録された
False
それ以外

プログラム実行例

イベントログを残す

CONST SUCCESS = 0
CONST ERROR = 1
CONST WARNING = 2
CONST INFORMATION = 4
CONST AUDIT_SUCCESS = 8
CONST AUDIT_FAILURE = 16

DIM WshShell = CREATEOLEOBJ("WScript.Shell")

WITH WshShell
	.LogEvent(SUCCESS, "成功")
	.LogEvent(ERROR, "エラー")
	.LogEvent(WARNING, "警告")
	.LogEvent(INFORMATION, "情報")
	.LogEvent(AUDIT_SUCCESS, "成功の監査")
	.LogEvent(AUDIT_FAILURE, "失敗の監査")
ENDWITH
  1. script.function.CREATEOLEOBJ(8)
  2. com.WshShell.LogEvent(11-16)
結果