Open

指定された文書を開きその文書をDocumentsコレクションに追加します。また、Documentオブジェクトを返します。

構文
Document = Documents.Open( FileName, ConfirmConversions, ReadOnly, AddToRecentFiles, PasswordDocument, PasswordTemplate, Revert, WritePasswordDocument, WritePasswordTemplate, Format, Encoding, Visible, OpenConflictDocument, OpenAndRepair, DocumentDirection, NoEncodingDialog )
引数
FileName
文書の名前を指定します。パスを指定することもできます。
ConfirmConversions
True ファイルが Word 形式でない場合は、[ ファイルの変換] ダイアログ ボックスを表示します。
ReadOnly
True を設定すると、文書が読み取り専用で開かれます。
AddToRecentFiles
True を設定すると、[ ファイル] メニューの最下部の最近使用したファイルの一覧にファイル名を追加します。
PasswordDocument
文書を開くためのパスワードを指定します。
PasswordTemplate
テンプレートを開くためのパスワードを指定します。
Revert
FileName が開いている文書のファイル名の場合の処理を制御します。 True を設定すると、保存されていない開いている文書への変更を破棄して、ファイルを再度開きます。 False を設定すると、開いている文書をアクティブにします。
WritePasswordDocument
文書への変更を保存するためのパスワードを指定します。
WritePasswordTemplate
テンプレートへの変更を保存するためのパスワードを指定します。
Format
文書を開くために使用するファイル コンバーターを指定します。WdOpenFormat定数
Encoding
保存された文書を表示するときに Microsoft Word で使用する、文書のエンコード (コード ページまたは文字セット) を指定します。
Visible
True の 表示ウィンドウで、ドキュメントが開かれている場合です。 既定値は True です。
OpenConflictDocument
オフラインで競合している文書の競合ファイルを開くかどうかを指定します。
OpenAndRepair
True を設定すると、文書の破損を防止するために文書が修復されます。
DocumentDirection
文書内での文字列の水平方向の向きを指定します。 既定値は wdLeftToRight です。
NoEncodingDialog
True を設定すると、エンコード方法が認識されない場合には、エンコード方法を指定するダイアログ ボックスが表示されません。 既定値は False です。
戻値

定数一覧

WdOpenFormat

名前説明
wdOpenFormatAuto0
CONST wdOpenFormatAuto = 0