Add

開いているドキュメントのコレクションに追加された新しい空のドキュメントを表すDocumentオブジェクトを取得します。

構文
Documents.Add ( Template, NewTemplate, DocumentType, Visible )
引数
Template
新しいドキュメントに使用されるテンプレートのパスを指定。 この引数を省略した場合、標準テンプレートが使用されます。
NewTemplate
Trueを設定すると、テンプレートとしてドキュメントを開きます。 既定値はFalseです。
DocumentType
Visible
戻値

プログラム実行例

新しい文書を追加

DIM Word = CREATEOLEOBJ("Word.Application") Word.Visible = TRUE Word.Documents.Add //Word.Quit

テンプレートの保存場所

DIM Template = "C:\Program Files\Microsoft Office\Templates\1041"
Template 説明
AdjacencyLetter.dotx
AdjacencyMergeLetter.dotx
AdjacencyReport.dotx
AdjacencyResume.dotx
ApothecaryLetter.dotx
ApothecaryMergeLetter.dotx
ApothecaryNewsletter.dotx
ApothecaryResume.dotx
BlackTieLetter.dotx
BlackTieMergeLetter.dotx レター(フォーマル)
BlackTieNewsletter.dotx ニュースレター(フォーマル)
BlackTieResume.dotx 履歴書(フォーマル)
Blog.dotx 新しいブログの投稿
EquityLetter.Dotx
EquityMergeFax.Dotx
EquityMergeLetter.Dotx
EquityReport.Dotx
EquityResume.Dotx
EssentialLetter.dotx
EssentialMergeLetter.dotx
EssentialReport.dotx
EssentialResume.dotx
ExecutiveLetter.dotx
ExecutiveMergeLetter.dotx
ExecutiveNewsletter.dotx
ExecutiveReport.dotx
ExecutiveResume.dotx
MedianLetter.Dotx
MedianMergeFax.Dotx
MedianMergeLetter.Dotx
MedianReport.Dotx
MedianResume.Dotx
Office Word 2003 Look.dotx
OrielLetter.Dotx
OrielMergeFax.Dotx
OrielMergeLetter.Dotx
OrielReport.Dotx
OrielResume.Dotx
OriginLetter.Dotx
OriginMergeFax.Dotx
OriginMergeLetter.Dotx
OriginReport.Dotx
OriginResume.Dotx
UrbanLetter.Dotx
UrbanMergeFax.Dotx
UrbanMergeLetter.Dotx
UrbanReport.Dotx
UrbanResume.Dotx

WdNewDocumentType

名前ファイルの種類
wdNewBlankDocument0
wdNewWebPage1単一ファイル Webページ(*.mht; *.mhtml)
wdNewEmailMessage2
wdNewFrameset3Word 文書(*.docx)
wdNewXMLDocument4Word 2003 XML ドキュメント(*.xml)