ShellExecute

タグ:
構文
Shell.ShellExecute( sFile, vArguments, vDirectory, vOperation, vShow )
引数
sFile必須
ファイル名
vArguments省略可
パラメータ値を含む文字列
vDirectory省略可
sFileで指定されたファイルを含むディレクトリの完全修飾パス。このパラメータが指定されていない場合は、現在の作業ディレクトリが使用されます。
vOperation省略可
ファイルでサポートされている動詞文字列(open等)の1つに設定されます。このパラメータを指定しないと、デフォルトの操作が実行されます。
vShow省略可
戻値