Type

拡張子に対応するファイルの種類を取得します。

ファイルを右クリック→[プロパティ]の[全般]タブのファイルの種類。

エクスプローラーの[表示]→[レイアウト]で[詳細]を選択したときの[種類]の項目。

構文
strType = FolderItem.Type
引数
戻値
指定したアイテムのファイルの種類

拡張子とファイルの種類

拡張子 種類
.apk APK ファイル
.bat Windows バッチ ファイル
.bmp BMP ファイル
.chm コンパイルされた HTML ヘルプ ファイル
.csv Microsoft Excel CSV ファイル
.dat DAT ファイル
.dll アプリケーション拡張
.docx Microsoft Word 文書
.exe アプリケーション
.gdoc Google ドキュメント
.gmap Google マイマップ
.gsheet Google スプレッドシート
.htaccess HTACCESS ファイル
.html Chrome HTML Document
.idm IDM ファイル
.iso ディスク イメージ ファイル
.jpg JPG ファイル
.js JavaScript ファイル
.lnk ショートカット
.log テキスト ドキュメント
.mp4 MP4 ファイル
.msi Windows インストーラー パッケージ
.pdf Adobe Acrobat Document
.php PHP ファイル
.png PNG ファイル
.ps PS ファイル
.txt テキスト ドキュメント
.UWS UWSC File
.xlsm Microsoft Excel マクロ有効ワークシート
.xlsx Microsoft Excel ワークシート
.xml XML ドキュメント

プログラム実行例

デスクトップのファイル一覧

CONST ssfDESKTOP = 0

HASHTBL iColumn

DIM Shell = CREATEOLEOBJ("Shell.Application")
DIM Folder = Shell.NameSpace(ssfDESKTOP)
DIM FolderItems = Folder.Items

FOR n = 0 TO 350
	iColumn[Folder.GetDetailsOf(EMPTYPARAM, n)] = n
NEXT

FOR n = 0 TO FolderItems.Count - 1
	DIM FolderItem = FolderItems.Item(n)
	WITH FolderItem
		PRINT .Name
		PRINT .Size + " Byte"
		PRINT .Type
	ENDWITH
	PRINT "-----"
NEXT
  1. script.function.CREATEOLEOBJ(5)
  2. com.Shell.NameSpace(6)
  3. com.Shell.Folder.Items(7)
  4. com.Shell.Folder.GetDetailsOf(10)
  5. com.Shell.FolderItems.Count(13)
  6. com.Shell.FolderItems.Item(14)
  7. com.Shell.FolderItem(15)
  8. com.Shell.FolderItem.Name(16)
  9. com.Shell.FolderItem.Size(17)
  10. com.Shell.FolderItem.Type(18)

指定したディレクトリ内のフォルダ・ファイル情報を取得

CONST ssfDesktop = 0

DIM Shell = CREATEOLEOBJ("Shell.Application")
DIM Folder = Shell.BrowseForFolder(0, "フォルダを選択してください。", 0, ssfDesktop)

FOR n = 0 TO Folder.Items.Count - 1
	DIM FolderItem = Folder.Items.Item(n)
	WITH FolderItem
		PRINT "名前<#TAB><#TAB>" + .Name
		PRINT "サイズ<#TAB><#TAB>" + .Size + " Byte"
		PRINT "更新日時<#TAB>" + .ModifyDate
		PRINT "パス<#TAB><#TAB>" + .Path
		PRINT "種類<#TAB><#TAB>" + .Type
	ENDWITH
	PRINT "----------"
NEXT
  1. script.function.CREATEOLEOBJ(3)
  2. com.Shell.BrowseForFolder(4)
  3. com.Shell.Folder.Items(6)
  4. com.Shell.FolderItems.Count(6)
  5. com.Shell.FolderItems.Item(7)
  6. com.Shell.FolderItem.Name(9)
  7. com.Shell.FolderItem.Size(10)
  8. com.Shell.FolderItem.ModifyDate(11)
  9. com.Shell.FolderItem.Path(12)
  10. com.Shell.FolderItem.Type(13)