InvokeVerb

ファイルやフォルダを右クリックしたときに表示されるメニューのコマンドを実行します。

構文
FolderItem.InvokeVerb( vVerb )
引数
vVerb省略可
メニューのタイトルを指定します。Cなどのアクセスキーは&Cのように記述します。省略した場合、既定アクション(通常は open/開く(O))が実行されます。
戻値

コマンド

動作
開く(既定) open
編集 edit
印刷 print
削除 delete
プロパティ properties

プログラム実行例

指定したファイルを削除する確認メッセージを表示

CONST ssfDesktop = 0

DIM Shell = CREATEOLEOBJ("Shell.Application")
DIM Folder = Shell.NameSpace(ssfDesktop)
DIM FolderItem = Folder.ParseName("D:\Desktop\sample.txt")

FolderItem.InvokeVerb("delete")
  1. script.function.CREATEOLEOBJ(3)
  2. com.Shell.NameSpace(4)
  3. com.Shell.Folder.ParseName(5)
  4. com.Shell.FolderItem.InvokeVerb(7)

指定したファイルを開く

CONST ssfDesktop = 0

DIM Shell = CREATEOLEOBJ("Shell.Application")
DIM Folder = Shell.NameSpace(ssfDesktop)

DIM FSO = CREATEOLEOBJ("Scripting.FileSystemObject")
DIM path = "D:\Desktop\sample.txt"
IF FSO.FileExists(path) = FALSE THEN EXIT

DIM FolderItem = Folder.ParseName(path)
FolderItem.InvokeVerb()
  1. script.function.CREATEOLEOBJ(3,6)
  2. com.Shell.NameSpace(4)
  3. com.FSO.FileExists(8)
  4. com.Shell.Folder.ParseName(10)
  5. com.Shell.FolderItem.InvokeVerb(11)