GetFile

指定したパスのファイル オブジェクトを返します。

構文
File = FileSystemObject.GetFile( filespec )
引数
filespec
ファイルの絶対パスまたは相対パス
戻値
Fileオブジェクト

プログラム実行例

指定したファイルのサイズを取得

DIM Excel = CREATEOLEOBJ("Excel.Application") DIM path = Excel.GetOpenFilename() IF path <> FALSE THEN DIM FSO = CREATEOLEOBJ("Scripting.FileSystemObject") DIM File = FSO.GetFile(path) WITH File PRINT "名前:" + .Name PRINT "パス:" + .Path PRINT "サイズ:" + ROUND(.Size / 1024) + "KB" PRINT "種類:" + .Type ENDWITH ENDIF
結果
名前:service.txt
パス:D:\Documents\service.txt
サイズ:44KB
種類:テキスト ドキュメント

この記事は役に立ちましたか?
役に立った 役に立たなかった