AvailableSpace

AvailableSpaceプロパティが返す値は、通常FreeSpaceと同じディスクの空き容量です。ただ、ディスククォータ機能をサポートしているときは異なる値を返す場合があります。

構文
Drive.AvailableSpace
引数
戻値

プログラム実行例

ドライブ情報を取得

DIM FSO = CREATEOLEOBJ("Scripting.FileSystemObject") DIM Drives = FSO.Drives FOR Drive IN Drives WITH Drive IFB .IsReady = TRUE THEN PRINT "空き容量:" + ROUND(.AvailableSpace / POWER(1024, 3), -2) + "GB" PRINT "ドライブ文字:" + .DriveLetter PRINT "種類:" + .DriveType PRINT "ファイルシステム:" + .FileSystem PRINT "空き容量:" + ROUND(.FreeSpace / POWER(1024, 3), -2) + "GB" PRINT "準備状態:" + .IsReady PRINT "パス:" + .Path PRINT "ルートフォルダ:" + .RootFolder PRINT "シリアルナンバー:" + .SerialNumber PRINT "ネットワーク共有名:" + .ShareName PRINT "ネットワーク共有のサイズ:" + ROUND(.TotalSize / POWER(1024, 3), -2) + "GB" PRINT "ボリューム名:" + .VolumeName PRINT "----------" ENDIF ENDWITH NEXT
結果
空き容量:5.57GB
ドライブ文字:C
種類:2
ファイルシステム:NTFS
空き容量:5.57GB
準備状態:True
パス:C:
ルートフォルダ:C:\
シリアルナンバー:-266948359
ネットワーク共有名:
ネットワーク共有のサイズ:150GB
ボリューム名:S3A9247D001
----------
空き容量:11GB
ドライブ文字:D
種類:2
ファイルシステム:NTFS
空き容量:11GB
準備状態:True
パス:D:
ルートフォルダ:D:\
シリアルナンバー:340155053
ネットワーク共有名:
ネットワーク共有のサイズ:523.75GB
ボリューム名:DATA
----------