CreateTextFile

指定されたファイル名を作成しファイルの読み取りまたは書き込みに使用できるTextStreamオブジェクトを返します。

構文
TextStream = FileSystemObject.CreateTextFile( filename, overwrite, unicode )
引数
filename
作成するファイルを示す文字列式
overwrite
既存のファイルを上書きできるかどうかを示すBoolean値。ファイルを上書きできる場合はTrue、上書きできない場合はFalseです。省略した場合、既存のファイルは上書きできます。
unicode
Unicodeファイルを作成するか、ASCIIファイルを作成するかを示すBoolean値です。Unicodeファイルとして不作成する場合はTrue、ASCIIファイルをファイルとして作成する場合はFalseです。省略した場合はASCIIファイルとみなされます。
戻値

プログラム実行例

一時ファイルを作成・削除

CONST TemporaryFolder = 2 DIM FSO = CREATEOLEOBJ("Scripting.FileSystemObject") DIM Folder = FSO.GetSpecialFolder(TemporaryFolder) DIM path = Folder.Path DIM name = FSO.GetTempName path = FSO.BuildPath(path, name) PRINT path DIM TextStream = FSO.CreateTextFile(path) // 現在の日時をファイルに書き込む TextStream.WriteLine(now()) TextStream.Close // Tempファイルを削除 // FSO.DeleteFile(path) FUNCTION now() GETTIME() RESULT = G_TIME_YY4 + "/" + G_TIME_MM2 + "/" + G_TIME_DD2 + " " + G_TIME_HH2 + ":" + G_TIME_NN2 FEND
結果
D:\TMP\rad83BB3.tmp

この記事は役に立ちましたか?
役に立った 役に立たなかった