CopyFolder

sourceに指定したフォルダをdestinationにコピーします。

構文
FileSystemObject.CopyFolder( source, destination, overwrite )
引数
source
コピーする 1 つ以上のフォルダーを指定する文字列を指定。ワイルドカード文字を使用可。
destination
source のフォルダーとサブフォルダーのコピー先を指定する文字列を指定。 ワイルドカード文字は使用不可。
overwrite
既存のフォルダーを上書きするかどうかを示す ブール値です。 True の場合はファイルが上書きされ、 False の場合は上書きされません。 既定値は True です。
戻値

注意点

sourceの最後に「\」をつけるとエラーが発生します。

D:\Desktop\sample\
D:\Desktop\sample

destinationの最後に「\」があるかないかでコピー先が変わります。

  • D:
    • Desktop
      • aa
        • text.txt
      • text.txt
    • Music
    • UDEBUG.pdf
    • Excel.xlsx
    • Word.docx
    • PowerPoint.pptx
    • 画像.png
    • 画像.gif
    • 画像.bmp
    • 圧縮.zip
    • Windows10
    • Android

実行例

FSO.CopyFolder(“D:\Desktop\a”, “D:\Desktop\b”)
結果
  • D:
    • Desktop
      • a
        • aa
          • text.txt
        • text.txt
      • b
        • aa
          • text.txt
        • text.txt

赤字がプログラムの実行により追加されたファイルです。