CopyFile

sourceに指定したファイルをdestinationにコピーします。

第三引数にFalseを指定すると、コピー先に同名ファイルがある場合エラーが発生します。

構文
FileSystemObject.CopyFile( source, destination, [overwrite] )
引数
source
コピーする1つ以上のファイルを示すファイル指定用文字列を指定。ワイルドカード文字も使用できます。
destination
ファイルをコピーする先を指定する文字列。ワイルドカードは使用不可。
overwrite
既存のファイルを上書きできるかどうかを指定。Trueならば上書きされ、Falseならば上書きされません。省略可。
戻値

ワイルドカード

sourceの最終要素にはワイルドカード(*、?)が使えます。「*」は0文字以上の任意の文字列にマッチし、「?」は任意の1文字にマッチします。

マッチするファイル
* フォルダ内にあるすべてのファイル
*.xlsx 拡張子がxlsx(Excel)のファイル
?????.txt ファイル名が5文字のテキストファイル
System*.* ファイル名の先頭が「System」のファイル
*System*.* ファイル名に「System」を含むファイル

記述例

  1. “D:\Desktop\Book1.xlsx”を”D:\Desktop\backup\”にコピーする。

    FSO.CopyFile(“D:\Desktop\Book1.xlsx”, “D:\Desktop\backup\”)
  2. “D:\Desktop\Book1.xlsx”を”D:\Desktop\backup\”に”Book1_Copy.xlsx”とファイル名を変えてコピーする。

    FSO.CopyFile(“D:\Desktop\Book1.xlsx”, “D:\Desktop\backup\Book1_Copy.xlsx”)