FileSystemObjectオブジェクト

ドライブ・フォルダ・ファイルなどにアクセスできます。

構文
DIM FSO = CREATEOLEOBJ(“Scripting.FileSystemObject”)
参照設定名
Microsoft Scripting Runtime

オブジェクト

<表示切り替え>(記事のあるページのみの表示・すべて表示を切り替えます)

Drive
特定のディスク ドライブまたはネットワーク共有のプロパティにアクセスできます。
File
ファイルのすべてのプロパティにアクセスできます。
Folder
フォルダーのすべてのプロパティにアクセスできます。
TextStream
テキストファイルを表します。

メソッド

<表示切り替え>(記事のあるページのみの表示・すべて表示を切り替えます)

BuildPath
フォルダパスとフォルダまたはファイルの名前を結合したパス文字列を返します。
CopyFile
指定したファイルを別の場所にコピーします。
CopyFolder
指定したフォルダを別の場所にコピーします。
CreateFolder
フォルダを作成します。
CreateTextFile
テキストファイルを作成し、TextStreamオブジェクトを返します。
DeleteFile
指定したファイルを削除します。
DeleteFolder
指定したフォルダを削除します。
DriveExists
指定したドライブが存在するかどうかを確認します。
FileExists
指定したファイルが存在するかどうかを確認します。
FolderExists
指定したフォルダが存在するかどうかを確認します。
GetAbsolutePathName
指定したパスの絶対パスを返します。
GetBaseName
指定したフォルダまたはファイル名のベース名(パスの最後の\以降で拡張子を除いたもの)を取得します。
GetDrive
指定したパスのドライブに対応するドライブオブジェクトを返します。
GetDriveName
指定したパスのドライブ名を返します。
GetExtensionName
指定したパスの最後のコンポーネントのファイル拡張子名を返します。
GetFile
指定したパスのFileオブジェクトを返します。
GetFileName
指定したパスの最後のコンポーネントのファイル名またはフォルダー名を返します。
GetFolder
指定したパスのFolderオブジェクトを返します。
GetParentFolderName
指定したパスの最後のコンポーネントの親フォルダーの名前を返します。
GetSpecialFolder
Windowsの一部の特殊フォルダのFolderオブジェクトを返します。
GetTempName
ランダムに生成された一時ファイルまたはフォルダーの名前を文字列で返します。
MoveFile
1 つ以上のファイルを別の場所に移動します。
MoveFolder
1 つ以上のフォルダーを別の場所に移動します。
OpenAsTextStream
指定したファイルを開き、開いたファイルの読み取り、書き込み、または追加書き込みに使用できるTextStreamオブジェクトを返します。
OpenTextFile
ファイルを開き、ファイルへのアクセスに使用できる TextStreamオブジェクトを返します。
WriteLine
指定された文字列および改行文字をTextStreamファイルに書き込みます。

プロパティ

<表示切り替え>(記事のあるページのみの表示・すべて表示を切り替えます)

DrivesRead-only
コンピューター上のすべてのDriveオブジェクトのコレクションを返します。
NameRead/Write
指定したファイルまたはフォルダの名前を設定もしくは取得します。
PathRead-only
指定したファイル・フォルダまたはドライブのパスを返します。
SizeRead-only
ファイルの場合は、指定したファイルのバイト単位でのサイズを返します。フォルダの場合、そのフォルダに含まれるすべてのファイルとサブフォルダのサイズをバイト単位で返します。
TypeRead-only
ファイルまたはフォルダーの種類に関する情報を返します(たとえば .TXT で終わるファイルの場合は、"Text Document"を返します)。